« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月13日 (火)

ララのお誕生日

7月12日はララのお誕生日でした・・・・
生きていたら3歳のお誕生日を迎えるはずでした。

2歳のお誕生日のお祝いをした時はこんな事になるなんて思いもしなかった・・・もっと盛大にお祝いしてあげれば良かった・・・・なんて今更思ってしまいます。

去年はララ型のケーキを作ったな・・・あの時、去年はもっとちゃんと事前に準備して、来年はもっと素敵なケーキを作ろうとか思ってたな〜・・・
去年は暑い日でなかなか生クリームがちゃんとホイップできなくって大変だったな・・・今年はすごい荒れた天気になってるよ。

当たり前のように3歳のお誕生日を一緒に(勝手に??)祝うんだって思ってたな・・・


こんな事になるならもっとララがよろこぶようなお誕生日プレゼントをあげればよかったな・・・
あのお魚のねこじゃらし、完全に私達の趣味だったからね(笑


Img_3935
なんだにゃ?これは!

結局ちっとも食いついてくれなかったよね・・(むしろ嫌ってたし)


ララの病気の自己免疫介在性貧血については以前の記事でも触れました・・・
自分の免疫で新しくできた血液をどんどん壊してしまうので、新しい血液が体内に流れず、貧血状態になってしまう病気。

今回はララの闘病についてちらっとお話を・・・

ララは最初、膵炎で入院をすることになりました。
この時はまだ貧血の原因は特定されてませんでした。
もしかしたら膵炎により慢性的な炎症から貧血になる事も考えられるとのお話でした。
入院中に膵炎が治っても貧血の値は改善される事はなく、どんどん下がっていったのです。
他の検査からもはっきりした原因は特定できず、骨髄でちゃんと血液が作られているのかをみるため、骨髄検査をすることになりました。

骨髄検査の結果:検索した骨髄では、多数の細胞が確認されます。全体的に幼弱な細胞が主体を占めており、これらの細胞は赤芽球の細胞と考えられます。全体的分化は低いものの、成熟した赤芽球も混在しています。

要するに骨髄では血液が作られているという結果でした。

この判定が出される前にララのHt値どんどん下がっていきました。
エリスロポエチンも投与しましたが効果がなく、Ht値が10%をきってしまい、命の危険があるとの事で輸血をしました。
1回目の輸血です。
病院で手配していただいたメインクーンさんからの輸血でした。
ひとまずは一命を取り留めました。


この病気の治療は免疫を抑制すること。
免疫が過剰に反応してしまっているので、それを抑えるんです。
方法はステロイドによる免疫抑制。
2mからの服用になります。
普通はこれで効いてくれるようです・・・・が、ララは難治性だったので全く効果がみられませんでした。
そしてシクロスポリンも併用することになりました。
やはり効果無し。

肝臓の数値も少し高くなりはじめたのでウルソを投与。

これが病気になって最初に受けていた治療です。
1回目の入院は10日間。
その後、2,3日おきに通院。
血液検査をして数値を確認して薬を調整するような形でした。


私もみかんがまだ2ヶ月半くらいの時でかなりいっぱいいっぱいだったので、ちゃんと正確には覚えていないのですが・・・

この病気になってしまった方々の参考になればと覚えている範囲ですが・・・続きはまたの機会に。

今回のお誕生日のプレゼントはお花です。

Img_7434
カーネーションとケイト


ララのお誕生日付近は近所でお祭りがあります。
去年、お祭りに行った帰り道にあるペットショップで、魚のねこじゃらしを買ったんです。
今年も行ってきました♪

今年はみかんも一緒に。

ギャン泣きでしたが・・・sweat02
甚平デビューしました♪

Img_7420
あう?


ララの子分的存在のみかんもすっかり大きく立派に成長しました。
後もう少しで10ヶ月になります。
今ではララに教えてもらったのか・・・ララと同じような悪戯ばかりしていますsweat02
問題はララより破壊力があるんですよね・・・
ララと同じような事をしている時はきっとララが近くに遊びにきているのかな?なんて勝手に思ってます。


これはこうするにゃんよ〜。

なんて教えてるのかな?なんて・・・・


そうだよね?ララたん・・・・
ララたん、お誕生日おめでとう・・・・

そして先日、ブログ仲間のあいちゃんさんから素敵な贈り物が届きました。


猫がカエルを被ってる!!
なんて私向けなんでしょう(笑
我が家のカエルの祭壇に飾らせていただきました。
ありがとうございます♪


Img_7435



にほんブログ村 猫ブログ ラグドールへ

いつも応援ありがとうございます

| | コメント (26) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »